okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

花粉症のスピリチュアルな理由

花粉症のスピリチュアルな理由
江戸時代には「花粉症」はなかった!?



3月も中旬を過ぎ、花粉症のピークがやって来ました。日本人の4人に1人がかかっているといわれる花粉症は、まさに「日本の国民病」と言えます。

しかしこの花粉症の発症について、医学でも"本当の理由"は分かっていません。

もちろん、メカニズムの一部は分かっています。ご存知のように、花粉に対して、体がアレルギー反応を起こすのです。

ただ、「なぜ現代になってから、花粉症という病気が生まれたのか」「人間がアレルギー反応を起こすようになったのか」は謎のままなのです。

スギやヒノキ自体は、昔から日本に多く存在していました。もちろん、大規模な植樹が行われたこともありますし、日光街道をはじめとして人通りの多い杉並木は存在していましたが、「飛脚が鼻水とくしゃみで困った」というような話も残っていません。

発症の理由については様々な学説があります。「食生活が変わったから」「街がアスファルトで舗装されたから」「ディーゼル車の排気ガスが関係している」――。結論は出ていません。


◎花粉症も一種の「霊現象」!?

実は花粉症の出現には、スピリチュアルな原因があります。

大川隆法・幸福の科学総裁は、著書『心と体のほんとうの関係。』で、次のように指摘しています。

「(花粉症には)もちろん、原因の一つとして杉の花粉があるでしょうが、杉の花粉だけでは、絶対に、あのようにはなりません。霊的影響がかなり入っているのです。

ゴルフ場などをつくったりして、いろいろなかたちで山の切り開きが進んでいるため、おそらく、そこにあった木など、植物たちの集合霊が、かなり影響しているのではないかと私は感じています」

人間と同じく、植物にも魂があり、死んだ後には霊としてさまようこともあります。花粉症は、一昔前の言葉で言うなら、自然破壊に対する「山の祟り」のようなものなのです。


◎花粉症解消のカギは「自然への感謝」

この花粉症に苦しむ人には、一つの特徴があると言います。

それは、「現代文明にどっぷりつかりすぎて、大自然に対する感謝を忘れている」ということ。

もちろん、親にしろ、自然にしろ、感謝といえば「しているつもり」なのが、人間の常……。しかし、この話を素直に受け止めて、自然に感謝をした人の中から、実際に「花粉症が治った」という声が出ています。

以前編集部が取材した60代の女性(東京都在住)は、このように語っています。

「私は昨年まで、花粉症に34年も苦しんでいました。毎年春になると鼻水が止まらず、目もかゆいので、薬を手放せませんでした。花粉の散るコマーシャルを見ただけで鼻がムズムズするほどでした。

幸福の科学では『花粉症になるのは、自然への感謝が足りないから』と言われているので、感謝の不足を素直に認めて『今年こそは花粉症を治そう』と決意しました。

杉のことは『嫌なやつ』と思っていたのですが、『私の自然への感謝が足りないことを教えてくれるありがたい存在なのだ』と自分に言い聞かせるようにしました。

ある時、ふと子供の頃の記憶がよみがえりました。当時はお風呂を薪で焚いていた時代。杉の枯れ枝をかごにいっぱい拾って帰ったときに、祖母がとても喜んでくれた顔を思い出しました。『杉のおかげでほめてもらえたんだったな』と思うと、私にとって憎きものから感謝すべきものへと変わりました。

すると、今年は症状がほとんどなく、一度も薬を飲まずに済んでいます」


◎花粉症でも「病は気から」

昔から、「病は気から」と言われていますが、花粉症にも当てはまるようです。花粉症で仕事や家事を"妨害"されて腹が立っている方も、いったん、「自然の有難さ」に思いをはせてみてはいかがでしょうか。


リバティwebより

20170321170021882.jpg


【関連書籍】
幸福の科学出版 『心と体のほんとうの関係。』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=124

幸福の科学出版『震災復興への道』大川隆法著
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=38
※第4章に、スギ花粉症への対策として「スギの伐採」、また「花粉の飛散量の少ないスギ」の植林を提言。

【関連記事】
2014年9月7日付本欄 代々木公園発のデング熱 「発症率」を下げる宗教的方法とは?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8391






━━━━━━━━━━━━━━━━
★友人などに転送できる!
メルマガ「ザ・リバティWeb 今日の新着記事」のご案内。
無料記事の一部とURLをご案内するメルマガが、本メールと同時間に届きます。
メルマガ←クリック

http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php
━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お彼岸入り 間違った供養 

2017年、春のお彼岸入りへ
――「間違った供養」をしていませんか?

供養 お寺

《本記事のポイント》
・不幸を先祖のせいにする"供養宗教"にご注意
・天国にいそうな先祖、地獄にいそうな先祖で、対応は変わる
・供養は「自分の死後」を考える機会でもある


昼と夜の長さが同じになる3月下旬の春分、9月下旬の秋分のころを、「彼岸」と言います。

お彼岸時には、親族が実家に集まり、先祖を「供養」するためにお坊さんを呼んでお経をあげてもらったり、お墓参りをしたりしますが、意外と「供養の意味」についてはよく分からないという方が多いのではないでしょうか。

「供養」というと、「あなたが不幸なのは、浮かばれていないご先祖様のせいです」という"先祖供養宗教"が思い浮かぶ人もいるかもしれません。

この先祖供養宗教について、幸福の科学・大川隆法総裁は、著書『正しい供養 間違った供養』でこのように述べています。

「たいていの場合、四代以上前の先祖が浮かばれていないと言われます。そして、『それが原因で不幸が起きているのだから、先祖供養をしっかりやれば運がよくなる』と言われるのです。これは、先祖供養型の宗教を生業とする人の常套手段だと言ってもよいでしょう」

「先祖が浮かばれているかどうかは、相談者には分かりません。したがって、何代か前の先祖のせいにしておけば、それで見料をもらえるのです。このような"商売"が日本各地でどれだけ行われているかを考えたとき、私は愕然とせざるをえません。なかには、本当に浮かばれずに迷っている先祖がいる場合もありますが、その場合でも、積極的に子孫を害してやろうと思っている先祖は、基本的にはいないのです」

"先祖供養ビジネス"の間違いが喝破されていますが、では、「正しい供養」とはいったい何なのでしょうか。同著から、供養のあり方について見てみましょう。


◎あの世の存在を知る

供養を語る前には、「死後の世界を知る」ことが必要です。これは、亡くなった人にとっても、生きている人にとっても、死後さまよわないために重要なことです。

「そんなものはインチキだ」「自分の目で見たものしか信じない」と、死後の世界を否定する人もいます。もちろん、死後の世界がなければ問題はありませんが、実際に「死んだ後の世界」があった時に困ってしまうのは本人です。

大川総裁の霊査によって、生前に「死ねばすべて終わりだ」と考えていた人々が、死後もなお「自分はまだ生きている」と主張し、地上でさまよい苦しんでいるという事実が分かっています。

供養をするに当たっては、まず、このような霊的真実を知る必要があります。


◎供養に大切な「感謝」と「導き」

では、霊的真実を知った上で、どのような思いで先祖供養をすれば良いのでしょうか。成仏している先祖と、成仏できていない先祖、両方に子孫からできることがあります。

天国にいる先祖は、救済は求めてはいませんが、子孫が年に1、2回思い出して感謝の思いを向けてくれるとうれしく思います。

これに対して、救済を必要としているのが、地獄に行ってしまった先祖です。彼らは、子孫が「あなたの間違っている点はここですよ。それを反省しましょう。私自身も努力して生き方を変えていきますから、あなたも修行しましょう」という思いで、日々精進し徳を積むことによって、次第に浄化され救われるのです。迷っている先祖にとって、子孫が日々を正しく生きることが、「導き」となります。

子孫が徳を積み、自らの人生を輝かせることで救われるのであって、戒名や御札によって救われるわけではないのです。


◎「死」について考える

『正しい供養 間違った供養』には、上記の他にも、自殺者や水子の供養、晩年を生きる心構えなどが分かりやすく説明してあります。

死は誰にでも訪れるものでありながら、誰もがその実体を理解しているわけではありません。だからこそ、生きているうちに、死について正しい認識を持つことが大切です。

17日は彼岸入りです。「正しい供養」について考えることで、自分自身も死後迷わないための"予防策"になるかもしれません。


リバティwebより


【関連書籍】
幸福の科学出版 『正しい供養 間違った供養』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1811

【関連記事】
2017年3月10日付本欄 3.11東日本大震災から6年 もう一度会いたい幽霊の話
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12699

2015年10月8日付本欄 お坊さんブーム でもお寺は消えていく? 現代の宗教に求められる霊的な教え
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10284



━━━━━━━━━━━━━━━━
★友人などに転送できる!
メルマガ「ザ・リバティWeb 今日の新着記事」のご案内。
無料記事の一部とURLをご案内するメルマガが、本メールと同時間に届きます。
メルマガ←クリック

http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php
━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

難関校に多数合格

【速報】幸福の科学学園
東大2人、京大1人、早大28人など
難関校に多数合格


幸福の科学学園高等学校の那須本校と関西校は、今春も、合わせて東京大学2人、京都大学1人、早稲田大学28人など、難関大学に多くの合格者を出した。

◎那須本校は東大2人、早大24人、慶大6人

同学園の那須本校によると、14日までに以下の難関国公立大学への合格者が出た。

東京大学2人、東京工業大学1人、東北大学2(1)人、九州大学1(1)人、筑波大学1人、東京学芸大学1人、宮崎大学1人、琉球大学1人(カッコ内の数字は浪人生、総数に含まれる)。

同校は2010年の設立以来、東大へは毎年2人以上の合格者を出し続けている。

このほか、私立大学の合格者も多数輩出しており、早稲田大学の合格者数はのべ24人にも上っている。主な私立大学の合格者は、以下の通り。

早稲田大学24人、慶應義塾大学6(1)人、上智大学5人、東京理科大学7(3)人、明治大学5人、青山学院大学3人、中央大学7(4)人、法政大学1人、関西大学2人、関西学院大学2人、同志社大学1人、立命館大学2人、明治学院大学2人、南山大学1人、國學院大学2人、成城大学1人。


◎関西校は京大1人、阪大2人、早大4人、慶大1人

滋賀県にある幸福の科学学園の関西校は、開学後2度目の大学受験を迎えたが、以下の国立大学に合格者を出している。

京都大学1人、大阪大学2人、東京農工大学1人、電気通信大学1人、徳島大学1人、愛媛大学1人。

関西校の主な私立大学の合格者は、以下の通り (カッコ内の数字は浪人生、総数に含まれる)。

早稲田大学4人、慶應義塾大学1人、同志社大学28(1)人、関西学院大学8(2)人、立命館大学5人、関西大学2(1)人、東京理科大学1人、明治大学3人、青山学院大学3人、中央大学2人、法政大学1人、学習院大学1人、東京農業大学6人、明治学院大学2人、國學院大学1人、日本大学7(2)人、東洋大学2人、駒沢大学7人、専修大学1人、京都産業大学1人、近畿大学9人、南山大学2人。


◎「徳ある英才」の育成を目指す幸福の科学学園

幸福の科学学園は、幸福の科学の教育理念に基づき、宗教教育を基に人格の向上を求めながら実学も重視する「徳ある英才」の育成を目指し、2010年に栃木県に那須本校を、2013年に滋賀県に関西校を開校した。

那須本校、関西校は、いずれも開学以来、難関大学の合格者を出すなど高い実績を上げており、県内の教育関係者が視察に来るなど、地域での評判も高い。

また、学業のみならず、那須本校のチアダンス部は日本国内の大会で何度も優勝し、さらに中学生チームはアメリカの世界大会で2度も優勝を果たしている。関西校の中学ダンス部もアメリカの世界大会で部門準優勝をしており、まさしく文武両道のモデルと言える。

同学園の広報担当者は、難関校への合格者を出し続ける理由について、こう話す。

「幸福の科学学園の生徒たちは、多くの人のお役に立ちたいという思いのもと、勉学に励んでいます。宗教教育を通して養った使命感があるからこそ、高い目標を掲げて努力を続けられるのだと思います」

国公立大学の後期試験も残っており、今後、同学園の合格者は増えるとみられる。


リバティwebより
20170317104507281.jpg


【関連記事】
2016年3月11日付本欄 【速報】幸福の科学学園の東大合格 那須本校5人 関西校1人
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11043

2015年3月25日付本欄 幸福の科学学園高校 難関大学に相次いで合格者
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9405



━━━━━━━━━━━━━━━━
★友人などに転送できる!
メルマガ「ザ・リバティWeb 今日の新着記事」のご案内。
無料記事の一部とURLをご案内するメルマガが、本メールと同時間に届きます。
メルマガ←クリック

http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php
━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

3.11東日本大震災から6年 もう一度会いたい

3.11東日本大震災から6年
もう一度会いたい幽霊の話



《本記事のポイント》
・東日本大震災の後、霊体験をする人がたくさんいた。
・本誌2016年9月号でも「もう一度会いたい幽霊の話」を特集した。
・この世に生きる人が正しい生き方をすることで、迷える霊を救うことができる。


2011年3月11日の東日本大震災から、11日で丸6年が経つ。この大震災によって亡くなった方は、1万5893人、行方不明者は2554人にのぼる(3月1日時点)。

ダイヤモンドオンライン(10日付)には、被災地で聞いた霊体験を集めた書籍『魂でもいいから、そばにいて――3.11の霊体験を聞く』の紹介記事が掲載された。記事では、極めてリアルな亡くなった家族の夢を見る人の話や、何気なく撮った自宅の写真に亡くなった息子が映っていたりといった体験談が紹介されている。

こうした体験によって、遺された人たちの「心の復興」が進んでいることや、「あの時もし、こうしていたら、家族は助かったのかもしれない」という罪の意識から解放されることを指摘している。霊体験が救いになっていることが、この記事からは読み取れる。


◎亡くなったあの人を感じた霊体験

本誌でも、2016年9月号で、「もう一度会いたい幽霊の話」という特集を組んだ。幽霊というと、普通は「あまり会いたくない」ものだが、「また会いたい」と思うような心温まる霊体験を集めたものだ。供養の思いを持つにあたって、ここで一部紹介したい。

東日本大震災の津波でお兄さんが行方不明になったという宮城県気仙沼市のタクシードライバーの男性は、震災後何度もお兄さんの霊の存在を感じたという。「庭の砂利の上や廊下を歩く足音を月に1回ほど聞くんです。確認しても誰もいません。聞こえるのは家族で私だけ。兄の家は、今誰もいないので、私のところに遊びにきているのでしょうか」。

東日本大震災に限らず、霊体験は多く寄せられた。

北海道のある女性は、当時33歳だったご主人を突然の事故で亡くした。娘が生まれてから19日後の悲劇だったが、実は娘の本来の出産予定日は、ご主人が亡くなった次の日だった。なぜか「早く生みたい」という気持ちに駆られていたこと、なぜかひどかった娘の夜泣きがピタリと止まったことなど、まるで、ご主人が「娘を少しでも多く抱けるように」と仕組まれていたかのように不思議な出来事があったという。

葬儀の2週間後のある日、すぐそばにご主人の存在を感じ、「○○(女性の名前)には悪いけど、天国ってほんっとうに良いところだよ」というご主人の声が心に響いてきた。その言い方がとても彼らしく、心がじんと温かくなったという。

東京・渋谷で街頭インタビューを行ったところ、次のような霊体験を聞くことができた。「最近亡くなった母が、夢に出てきました。ニコニコしてて、幸せそうな世界にいる感じだったので、安心しました」(20代・女性)、「死んだ祖父が夢に出てきました。私が野菜嫌いなので、『野菜を食べろ!』と言って冷蔵庫に野菜をたくさん入れていきました」(10代・女性)。


◎正しい生き方をすることが、迷える霊たちを救う

古今東西、こうした霊体験の報告は山のようにある。それは、遺された人が「心の復興」をするためでも、罪の意識から逃れるためでもなく、本当に霊が存在するからだ。人間は肉体が死んでも魂は死なず、魂として生き続ける。

大川隆法・幸福の科学総裁は著書『正しい供養 まちがった供養』の中で、この世に生きる人が亡くなった人に手向けるべき供養について、次のように述べている。

「来世では、反省さえきちんとすれば、みな天国に還れます。自分自身の心の針の方向を変えて、思いを入れ替えれば天国に還れるのです。しかし、亡くなったご先祖には、そういうことが分からないので、生きている子孫のほうが実践してみせるのです。

先祖はいつも家族のほうを見ているので、子孫が実践してみせると、『ああ、こういうふうにするのだな。ああいう考え方をするのだな。人に愛を与え、それを手柄にしない。人に優しく生きていく。そういう生き方を私の子孫はしているようだ。なるほど、自分はそういう生き方をしなかったな。これが間違いなのだな』と気づいていただけます」

地上で迷っている霊や地獄に行ってしまった霊にとっては、家族の姿が頼りだ。遺された家族一人一人が愛を与えて生きていれば、その姿を見ている。人として正しく生きることが、愛する人を天国に導くことにつながっていく。

霊体験に救われるのではなく、この世に生きる人が、霊たちの救いになることができるのだ。(山本泉)


リバティwebより

福島駅前のクリスマスツリー, 福島県南相馬市でボランティア Volunteer at Minamisoma city, Fukushima pref. Affected by the Tsunami of Earthquake and Fukushima Daiichi Nuclear Accident
福島駅前のクリスマスツリー, 福島県南相馬市でボランティア Volunteer at Minamisoma city, Fukushima pref. Affected by the Tsunami of Earthquake and Fukushima Daiichi Nuclear Accident / jetalone



【関連書籍】
幸福の科学出版 『正しい供養 まちがった供養』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1811

【関連記事】
2016年9月号 もう一度会いたい幽霊の話 死は永遠の別れではない
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11680



━━━━━━━━━━━━━━━━
★友人などに転送できる!
メルマガ「ザ・リバティWeb 今日の新着記事」のご案内。
無料記事の一部とURLをご案内するメルマガが、本メールと同時間に届きます。
メルマガ←クリック

http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php
━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

釈尊の出家に学ぶ

仏教の開祖、
釈尊の出家に学ぶ
本来の「出家の精神」とは何か

出家2

女優の清水富美加(法名・千眼美子)さんが幸福の科学に出家したことで、「幸福の科学における出家とは何か」「出家して何をするのか」について、関心が高まった。


◎出家の本質は、「精神態度」と「中身」にある


一般的に出家といえば、世俗の生活を捨て、頭を剃ったり袈裟衣を着たりして、"お坊さん"になることを思い浮かべるだろう。

さらには、滝に打たれたり、長時間座禅を組んだりする修行を行い、娯楽から遠ざかり、肉食を断って粗食で過ごすというイメージもあるかもしれない。

幸福の科学における「出家」は、髪型や服装は自由で、食べ物についてもタブーはない。娯楽にのめりこむことは戒めているが、日常生活において特別な禁止事項が設けられているわけではない。

こうした「出家」のあり方について、「幸福の科学では、教団の職員として働くことを"出家"と呼んでいる」「聖職者みたいな人はいない」と理解する向きもある。

だが、それはあまりにも表面的な見方だ。出家の本質は、髪型や服装や滝行といった「スタイル」にあるのではない。その「精神態度」や「中身」こそ重要だ。

そもそも、仏教は釈尊の「出家」から始まった。そうであるならば、仏教の開祖、釈尊がなぜ出家したのか、その精神はどのようなものだったかを知るべきだろう。


◎何かを得るためには何かを捨てる

釈尊の「出家」の意味と、修行の果てにつかんだ「悟り」とは何かについて、現代語で分かりやすく説かれたものが、大川隆法・幸福の科学総裁の2200冊目となる著書『釈尊の出家』だ。全国の書店で順次発刊される。

釈尊は、現在のネパールとインドの国境近くにあった「釈迦国」の王子として生まれ、この世的にまったく不自由のない生活を送っていた。

そうした恵まれた地位と生活を、釈尊は惜しげもなく捨てて、出家の道を選んだ。この世ではつかめない「悟り」を得たいと志したからである。

何か大きなことを為すためには、小さなものを捨てなくてはいけないのは、どの世界でも同じだ。

受験勉強も、一定の期間、遊びや楽しみを断ち、勉強することで、「志望校合格」という結果を手にすることができる。
また、一流といわれるスポーツ選手は、日々ストイックに練習に専念し、食生活にも気を配ったりして、常にベストなパフォーマンスができるように自分を磨く。
ビジネスパーソンも、ここ一番の大きなプロジェクトを成功させようという時には、楽しみを断って仕事に打ち込むだろう。

だが、釈尊が出家修行で求めたのは、それ以上のものだった。この世では目に見えない神仏の世界の「真実」を探究し、掴み取ろうとする志であるため、この世の常識ではなかなか理解されない面もあっただろう。

釈尊が出家するということは、釈迦国の人々からすれば、跡継ぎが突如いなくなるわけで、「大迷惑」な話だ。また、「無責任ではないか」という国民からの謗りも免れないかもしれない。

だが、大川総裁はこのように喝破する。

「王としての業務を投げ捨てたということは、"流行りの言葉"で言えば、そのとおり、「契約違反」と言えるでしょう。《中略》しかし、そういうものを断ち切るのが『出家』ではあるわけです。その意味では、出家は迷惑がかかるものですが、『この世の縛りをいったん断ち切る、捨てる』という意味があるのです」(『釈尊の出家』より)


◎悟りを得ることの重み


幸福の科学における出家も、釈尊の出家の精神と変わらないものを目指している。

出家者は、幸福の科学の教えを学び、体得する「教学」や、反省・瞑想・祈りといった「精神統一」によって、多くの人を救うための「智慧」を得ることを志している。

その「智慧」を得て、悩み・苦しむ人々を「救済」し、「教化」する聖務に専念するために、学歴や職歴、経歴、この世での成功やしがらみを捨てて集っている。

宗教修行に専念し「悟り」を得るということは、それほどの重みと価値があるのだ。
釈尊が得た「悟り」は、その後2500年以上、世界中の人々の救いとなり、導きとなった。
またその弟子たちも、釈尊の教えを後世につないできた。

人々の心を潤し、幸福に導く世界宗教の原点には、「悟り」を得るという志のために、すべてを捨てた方がいたということを忘れてはならないだろう。

リバティwebより


【関連書籍】
幸福の科学出版 『釈尊の出家 仏教の原点から探る出家の意味とは』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1831

【関連記事】
2017年2月13日付本欄 清水富美加さんが宣言した、幸福の科学の「出家」って何?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12579

2017年2月15日付本欄 幸福の科学はどんな修行をしているの? 清水富美加さん出家で注目
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12590



━━━━━━━━━━━━━━━━
★友人などに転送できる!
メルマガ「ザ・リバティWeb 今日の新着記事」のご案内。
無料記事の一部とURLをご案内するメルマガが、本メールと同時間に届きます。
メルマガ←クリック

http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php
━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村