okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

尖閣は核心的利益と公言 日本の戦略性の欠如

[HRPニュースファイル619]


◆尖閣、沖縄に忍び寄る「赤い触手」

4月26日、中国外務省が尖閣諸島について、公式に「中国の核心的利益だ」と明言しました。中国共産党、政府関係者が公の場で「核心的利益」と認めたのは初めのことです。(4/26 産経「尖閣は『核心的利益』中国、初めて明言」)

中国政府が言う「核心的利益」とは、台湾やチベット、ウイグルなど、「いかなる代償を支払っても守るべき利益」という意味であり、今回の発言は「武力行使をしてでも尖閣諸島の主権を確保する」と公言したに等しいと言えます。

このことを裏付けるように、23日、尖閣諸島周辺の日本の領海内に、中国の海洋監視船「海監」8隻が侵入ました。

今後、年内には中国初の空母「遼寧」の沖縄周辺通過も予想されており、さらに中国海軍は23日、空母「遼寧」に続く新たな空母建造を発表しています。(4/24 産経)

また、先日、中国政府が発表した2012年版「国防白書」には、核兵器を相手より先に使用しないとする「先制不使用」政策が削除されていました。(4/23 産経「核の『先制不使用』外す 中国、国防白書 政策を変更か」)

これまで、中国は「核先制不使用」を宣言していましたが、今後、中国の核の先制使用の可能性が出たことは、日本の国防にとっても大きな脅威となります。

◆「新しい防衛計画の大綱」はいかにあるべきか?

このような国難が深刻化する中、自民党国防部会が新しい防衛計画の大綱に対する提言をまとめました。(4/23 産経「自衛隊の機動力強化、原発警護を明示 新防衛大綱の自民案判明」)

提言は「基本的安全保障政策」において、自主憲法と国家安全保障基本法の制定、日本版国家安全保障会議(NSC)の設立について言及、さらに「新たな防衛力の構築」では、従来の動的防衛力に代わる動的機動防衛力の整備などを提言しています。

具体的には中国と北朝鮮への対応を重視し、特に中国対策として尖閣諸島奪取に備えて領域警備法を整備するなどの対策を提示しています。

さらに本格的な核抑止戦略の調査研究を提言するなど、従来の国防政策を一段と前進した内容になっています。

しかし、このような対策をとったとしても安心できません。いつでも、そうした予測を覆す事態は起こり得るからです。

このような計画を策定する際には、まず日本の国益を定め、国益を維持できるにはどのようにするかを考えるべきです。兵器や能力をどのように整備するかということだけでは不自由分です。

◆日本の戦略性の欠如

安全保障戦略においては、中国や北朝鮮などの直近の脅威について言及することも確かに重要ですが、それよりも日本が世界において、どのような役割を演じるべきかという大局観がなければなりません。

日本は四方を海に囲まれた国であり、このような海洋国家は、海上における交易で成り立つ国です。大英帝国の発展が交易によっていたことを考えれば、日本の発展も海上における交易がキーポイントとなります。

現在、様々な輸送手段が発達していても、いまだ海上輸送が主流であり、「海の安全をいかにして守るのか」は、経済の観点からも、国防の観点からも、エネルギー安全保障の観点からも重要なポイントです。

また、経済が盤石でなければ、国防も盤石ではあり得ません。

現在の安全保障政策の重要なポイントは、ハイテク兵器などではなく、「国益の達成のために国の資源をどのように使うのか」という戦略と、それを有効的に使うための人間の能力にこそあります。

人間の能力を十二分に発揮するためには、経済が発展しているかどうかが極めて重要になるのです。

◆戦略性あふれる安全保障政策を!

これまで、日本人は戦後のまどろみの中で、「戦争については、とにかく考えなければ良い」という至極甘い考えを続けて来ましたが、今までの延長線上では、日本が植民地になることは避けられません。

日本も戦争を仕掛けられる事態を想定すべき時期に至っています。新しい防衛計画の大綱にも、そういう観点からの戦略的思考が必要です。

幸福実現党は「自分の国は自分で守る」という自主防衛を立党当初より打ち出してきました。

また、幸福実現党の経済政策、エネルギー政策、未来産業振興政策、TPP政策等は、いずれも戦略的国防の観点に立脚しています。

幸福実現党の戦略性あふれる安全保障政策によってこそ、真に日本を守る抜くことができるのです。(文責・黒川白雲)
----------
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp


沖縄は本当に危ない

日本は国防を急がないと
中国に侵略される
スポンサーサイト

アレックス・コリアー氏が伝えたいこと




まとめてあるものを見つけました

これを見たら、
だいたい、何が言いたいのか
今何が起こっているのか
人類はどうしないといけないのかがわかると思います

大川総裁がおっしゃっていることと
一致する面が多々あります
バシャールという人もそうです
宇宙人アミもそうです

地球人に気づかせるように
進化する方向に行ってくれるように
一生懸命活動しているのでしょう

私たち人間は気づかないといけないのです
具体的にどうすればいいのかを
説いてくださっているのは
大川総裁だと思います

すべては魂の進化のため

人類は意識レベルを上げないといけない




日本でも異常気象が続いています
富士山も異変が見られます

私たちは意識レベルを上げないといけません

地球は宇宙から注目されている



宇宙人は地球の意識レベルを上げようと
しているらしい

大川総裁も
「これからは宇宙時代となる
地球人同士で争っている場合ではない
地球人は地球人同士で力を合わせていかないといけない」
というようなことをおっしゃっていたと思いますが
こういう動画を見ると
同じようなことを言っているので
真実なのでは?と思います

世界中でUFOや宇宙人らしきものと遭遇している
人たちが増えています
そういう私も何度もUFOらしきものを見ています

地球は地球の意識レベルを上げようとしていて
相変わらず殺し合いをしている地球人
進化しようとしない地球人
地球の意識は今の文明をリセットする
ということも考えられますね
ようするに、天変地異など自然災害で
人間の大掃除が始まりつつあるように思います

前にも書いたけど
小さな宇宙人アミも同じことを言っていましたね
大川総裁も同じことをおっしゃってます
地球人は進化しないといけないのですよね

竹島の日の放送は1分


竹島の日の放送は1分
しかし、韓国大統領の就任式の放送は80分
どうして??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。