okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

敬意を表したい お疲れ様でした。

「FIFAワールドカップ(W杯)」ブラジル大会で、
サッカー日本代表は1次リーグ敗退という結果で終わった。
しかし、選手たちが日の丸を背負い、死ぬ気で闘ったことは、
誰もが認めるところだろう。





そんな中、各種スポーツ紙が掲載した日本代表へのバッシング記事が「あまりにも酷い」と、インターネット上で話題になっている。各紙は「日本サッカー出直せ」といった露骨な表現を使い、特に「世界一を目指す」と語っていた本田選手に関しては、「口だけだった」「負け犬の遠吠え」といった本人の言葉をあえて大きな見出しとした。こうしたマスコミの報道姿勢は、問題視せざるを得ない。



「がんばった本田選手がかわいそう」だから問題なのではない。本田選手自身は、こうした批判は織り込み済みであろうし、受けて立つ覚悟もあるだろう。日本の従来の成績、各国チームの強さを考えれば、ハードルの高さは分かっていたはずだ。「優勝を目指す」と言った分、負けた場合の中傷の酷さも知っていただろう。その上で、チームや自分を盛り立てるために「強気の発言」をしていたのだ。



本田選手自身へのダメージ以上に危惧されるのは、日本人のメンタリティへの悪影響だ。



上記のような見出しを目にした国民の多くは、「高い目標を掲げると、痛い目にあう」「嫌われないためにも、高い志を口にするものではない」と感じるだろう。さらには、成功を目指す人をくさす風潮も助長してしまう。それは、日本全体を停滞させることにつながる。



ただでさえ日本では、「難しい挑戦」をよしとしない傾向が強まりつつある。日本生産性本部などが26日に公表した新入社員の意識調査によると、「人並み以上に働きたいか」との問いに対し、「人並みで十分」と回答した人が52.5%を占め、過去最高となった。また、「どのポストまで昇進したいか」という問いに対して、「社長」と答えた人の割合が2004年の2位から、4位に下がっている。「ほどほどの目標、ほどほどの努力」でいいという考え方をする人が、若い世代を中心に増え始めている。



W杯開幕直前の6月10日、大川隆法・幸福の科学総裁は、本田選手の守護霊を招き、本音を語らせたが、そこで本田選手の守護霊は、「今、日本のいちばんの問題は、『引っ込み思案』だし、『縮み思考』で目立たないようにして、発言を控えて、自分から言わずに、責任回避しようとする感じかな」と語っている。



高い志を掲げるほど、失敗したときの失望も大きくなる。それを承知で「優勝」を打ち出した本田選手の姿から、日本人が学ぶことは多いはずだ。そうした意味でも、本田選手への敬意を忘れてはいけない。(光)

リバティwebより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8069


本田選手はよくやったと思いますよ。
他の選手の方々も 日の丸背負って
必死で勝ちを取りに行ったと思います。
お疲れ様でしたと言いたいです。





【関連書籍】

幸福の科学出版 『サッカー日本代表エース 本田圭佑 守護霊インタビュー』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1182



幸福の科学出版 『忍耐の法』大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1070



【関連記事】

Web限定記事 ワールドカップ 日本代表エース・本田圭佑のビッグマウスの真意に迫る 「11人で『国の命運』を変える」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7976



2014年3月26日付本欄 小保方博士にSTAP細胞と関係ない人格攻撃 マスコミの「悪質性」には検証なしか

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7595
スポンサーサイト

那覇マラソンの参加申し込み変更になった!

那覇マラソン


今年から、那覇マラソンの申し込み方法が変わりましたね

http://www.naha-marathon.jp/entry/index.html

3万人を超えたら抽選になるそうです。
去年が申込者が3万人を超えていたらしいので
抽選になる可能性大ですね。

当選者のみ入金するということですが
なんと!¥6,500と高額になっています!!(・_・;)
去年は¥5,500だったのに千円も上がっています。

この調子で上がっていったら
ウチナーンチュは参加することを躊躇する方も出てくるのではないでしょうか。
だって、本土みたいに給料高くないですからね~(;一_一)

次からは沖縄マラソンに焦点を当てるという方も増えるのでは?
実際に、沖縄マラソンの参加人数は増えてきてるらしいですから・・・
それでも、那覇マラソンより断然、参加人数は少ないので
走りやすいですね
こっちは抽選じゃないし、那覇マラソンより参加費が安いし、
沖縄マラソンの方が魅力かも?!(^^)!


雹の川?



昨日、関東方面は雹が降ってきて
大変なことになってましたね。
2014年6月24日雹



こんな光景見たことないです。
こんなでっかい雹が当たったら怪我間違いなし。
みなさん無事で良かったですね。

6月も終わるというのに
今年の夏はどんな夏になるのでしょうか・・・・・・

人生は一回限りではない

永遠の命

 人間にとって、「自分はどこから来て、どこへ去っていくのか」
ということは重大問題であり、これが心の底から離れることはないでしょう。

 人生は一回かぎりであり、人間は、わずかな期間だけしか生きていない、
線香花火のような存在だとするならば、
人生には重大な意義も目的も見いだせないのではないでしょうか。

 その短い期間を線香花火のように燃え尽きるために、
人間は様々な快楽にふけり、物質欲におぼれ、
放恣(ほうし)な生活をしてしまうのではないでしょうか。
また、誰もが個人主義に陥ってしまうのではないでしょうか。
わずか数十年の人生であるならば、
「自分が楽しまなければ損だ」という考えになってしまっても、
おかしくないかもしれません。

 しかし、永遠の人生であれば、
「人のために奉仕したことが、
やがては必ず自分自身の魂の糧となって戻ってくる」
と考えられるのではないでしょうか。



真実の世界の姿を知ったなら

 魂というものは永遠です。
魂には永遠の命があるのです。
永遠の生命があるということは、調和された生活をして生き、
心が美しく、死後は天国に還った人たちにとっては、
このうえない福音です。
なぜなら、素晴らしい世界の中で、
生命を全うしていくことができるからです。

 しかし、地獄に堕ちた人たちにとっては、
永遠の生命があるということ自体が、一つの罰、懲罰なのです。
生命がひと思いになくなってしまえば、地獄で苦しむことはないのですが、
生命はなくなりません。
このこと自体が、彼らを罰しているのです。

 人間は、こうした真実の世界の姿を知ったならば、
「地上に生きているときに、悪いことを思うことも、
悪いことをすることも、本当に割が合わない」
ということがわかるはずです。
「永遠の生命などなく、この世かぎりの人生だ」と思っているからこそ、
やりたい放題のことをし、人を傷つけ蹴落としてでも
偉くなろうとしているのです。

 また、生前、ささやかな善意の中に生きていたことが、
あの世での至福の生活、これ以上ない素晴らしい生活へと
展開していくならば、
「なぜ、地上にいたときに、よいことをもっとしておかなかったのか」
と誰もが思うはずです。

 この世で一個よいことをすると、
あの世で十個よいことをしたくらいの価値があります。
この世は非常にむずかしい世界であり、
魂は"目隠し〟をされた状態で修行しているのですから、
そうした手探り状態のなかで天国的なる生活を展開することには、
あの世での修行の五倍十倍の値打ちがあるのです。

 しかし、この世で、「このくらいのことはいいだろう」
と思って犯してきた悪の数々も、
あの世では五倍十倍となってはね返ってきます。
こうした厳しい事態が待っているのです。

 したがって、
「よいことをすれば、ほめられるのだから、よいことをせよ」
「悪いことはいけないから、してはならない」というのではなく、
ほんとうの意味で自分を大切にする人間ならば、
悪いことはできなくて、よいことしかできなくなってくるはずです。
ほんとうの人生観、ほんとうの世界観を知ったときには、
そうせざるをえなくなってくるのです。

魂というものは永遠です。
魂には永遠の生命があるのです。
永遠の生命があるということは、
調和された生活をして生き、
心が美しく、死後は天国に還った人たちにとっては、
このうえない福音です。


大川隆法総裁

しあわせのメッセージより


静岡旅行 美保子4



人間の力の及ばないこと

急いで帰ってきて良かったです。
いきなりどしゃ降り





ベランダの排水溝が間に合わなくて溢れています



東京23区の約半数が大雨、洪水、浸水害、雷、などの
警報、注意報が発令されています。

日本列島雨の集中攻撃ですね

19日ごろに天気予報で
「沖縄は梅雨明けしました」
なんて言っていたけど
ぜんぜん明けてないじゃん~~(+o+)

世界的にも異常気象が起こっていますが
日本は神国
日本神道系の神々が何千年も護ってきたから
今の繁栄があるということ

それを現代の人たちは唯物論に凝り固まっていて
神仏を敬う気持ちがなくなっています

天照大神様は「日本人が信仰心を取り戻すまで
試練を与える」ようなことを言ってました
「隣国による侵略もよし」
要するに、地震が起ころうが、津波が起ころうが、
大雨が降り、その影響で土砂崩れで家が流されようが
潰されようが、作物が育たなくなろうが、
信仰心を取り戻すまで静観しているということ
何が起ころうが日本国民を護らないということ
「日本を創りなおしてもよい」ということまで
いってましたから・・・(;O;)

「この小さな国が世界のトップに躍り出るくらいまで発展したのは
人間の力だけではない、神仏のご加護があったから
できたことであって、人間の力だけでできたと思うのは大間違いだ」
ということだそうです

鉄槌は落とされたという霊言がありましたが
もう、護ってはくれないということですね
信仰心を持つかどうか試しているというところでしょうか
「人間の力が及ばないことがあるのだということをおもい知らせる」とも・・・

はたして、日本人は神仏に対する
畏敬の念を持つことができるのでしょうか・・・・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。