okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

那覇マラソン2回目の抽選

那覇マラソンの1回めの抽選で落ちた主人の所に
2回目の抽選で当選していた旨の封書が届きました

「2回目の抽選で当選したらどうするの?出るの?」
と聞くと
「考えるな・・・・」
と言っていた主人だけど

なんか嬉しそうでした

徐々に練習を始めています
しかし、
もう、10月になります
練習期間としては充分ではありませんね~
大丈夫かなぁ~

スポンサーサイト

イスラム国が中国への復讐を宣言

◆イスラム国が中国への復讐を宣言 中国の宗教への認識の甘さが露呈





中東の過激派組織「イスラム国」に、80か国以上から推計1万5000人以上の若者が合流している。シリア内の「イスラム国」支配地域で、テロリスト予備軍である「外国人戦闘員」として訓練を受けているようだ。
具体的には、欧米主要国だけでも、フランスから約1000人、イギリスから500人以上、ドイツから400人以上、アメリカから100人以上が合流している。
これに対し国連安全保障理事会は24日の首脳級会合で、外国人戦闘員が欧米などに帰国すると、テロを起こす可能性があるとして、戦闘員の移動を制限する決議を採択した。

本欄で注目したいのは、ウイグル自治区からイスラム国へ合流している若者が100人ほどいることだ。

この若者たちは、中国共産党の弾圧下にある新疆ウイグル自治区で、イスラム教の信仰を持ち続けている人が多いという。実際にインドネシアでは、不法入国した新疆ウイグル自治区出身の男性4人組が、インドネシアでテロ活動の訓練を受け、逮捕された。彼らはその後、「イスラム国」に合流する予定だったという。

このように、「イスラム国」でテロリスト訓練を受けてからウイグルに戻り、中国共産党に対する反政府攻撃をすることが彼らの狙いと見られる。

もともと、ウイグルではイスラム教の信仰が広がっていたが、中国共産党が自治区として支配して以降、信教の自由や思想の自由が抑圧されるようになった。現在では、中国共産党の監視下でしかイスラム教を信仰できない状態になっている。
そのため、共産党のウイグル政策に抗議する運動が多発しており、21日にも、新疆ウイグルで連続爆発事件が起こり、100人以上が死傷している。

これに対し「イスラム国」は、「東洋でも西洋でもムスリムの権利が強制的に剥奪されている」として、中国を筆頭で批判。復讐を宣言した。数年後に新疆ウイグル自治区を占領する計画だという。

「イスラム国」がこの計画を立てるに至ったのは、ウイグルでの度重なる抗議運動の様子を見て、「中国はイスラム民族を迫害している」と認識したからだろう。

これまで中国は、欧米と一線を画して親イスラム路線を敷いてきたが、この外交方針が行き詰まる可能性が出てきたと言える。
事の発端は、やはり、中国共産党が信仰を軽視する政策を取っていることだ。イスラム教は、経済的な利益よりも、伝統的な信仰を重んずる風潮が強い。「イスラム国」ならなおさらだ。

「イスラム国」の過激なテロ行為などはもちろん容認されるものではないが、信仰への理解なくして、イスラム教国との関係を深めようとしてきた中国の認識の甘さが改めて明らかになったと言える。(飯)


リバティwebより

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8497


【関連記事】
2014年9月23日付本欄 アメリカが「イスラム国」対策に本腰 自らの外交政策の"後始末"に追われるオバマ
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8445

2014年8月28日付本欄 米国人「イスラム国」参加で波紋 テロ克服には宗教的真理の広がりが必要
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8353

執着と死

「アミ 小さな宇宙人」のアミがこんなことを言っています

【宇宙は、私たちの創造物が、あらたな経験、あたらな環境、あらたな場所、
あらたな人、あらたな考えにふれることで、進化し、成長していってほしいと考えている。
ところがそれを阻むのが、きみたち自身の執着心なんだ。
きみたちはあまりにいろいろなものにしがみつきすぎている。
自分たちの場所、自分たちの愛する人、自分たちの物、自分たちの姿、
自分たちの考え、思い出・・・・・・・・・
すべてを手放したがらない。
きみたちがそういったもろもろの執着から自由になって、
別の状態へ、別の幸福へと通り抜けるためのたったひとつの道は、
いま、その身にまとっている〝服〟―を脱ぎ捨てることだ。
肉体が滅び、死を迎えたときにようやく、執着からのがれて、
あらたな状態に入ることができるんだ。
でも、そのかわりにきみたちは、かつての人生でのことを何ひとつ
―どんなに愛着のあるものでも―覚えてはいない。
本当は一人ひとりの心の奥の奥に、記憶はひっそりと眠っているんだけど・・・・】

《私たちが死ぬのは、そのためなの?》

【そう、残念ながら、いまのきみたちがあらたな状態にうつるためには、
〝死〟を利用するほかに道はないんだ。
でも、もしもきみたちが、もっと進化した段階のひとたちのように
もう少し執着からはなれることができれば、
〝死〟という痛ましくて苦しいプロセスはいらなくなる。
進んだ魂たちは、もはや〝死〟を通過しなくとも、
自分の意思だけでかんたんに、宇宙が用意してくれた新しい状態のなかへ
とびこんでいけるんだよ。しかも、前の人生でのことを忘れたりしないでね。
ぼくの中にも、自分が半分ゴリラだったころからいまにいたるまで、
記憶はぜんぶのこっているよ】



大川総裁は無我になれ、執着をとりなさいと
教えてくださってます

これを実践することにより
アミの言っている状況が展開してくるということでしょう
最近、物を捨て始めてから感じていることは
モノを捨ててもぜんぜん後悔してないし
かえって縛りから解放されたような爽快な気分になる
どうして、あんなにモノに執着していたんだろうか?
と自分でも不思議に感じます
そうやって モノに対する執着やいろんな執着を取り去って
身軽になってあの世に旅立ちたいですね

みんな 自分の命は永遠に続くようなつもりで生きていますが
人間いつなんどき あの世に召されるかわかりません

後悔しないように 執着を取り去って
謝るべき人にはちゃんと謝罪して、お返しするべき人にはしっかりお返しして、
伝えたい感謝の言葉は今のうちに心をこめて伝えて
いつ死んでもいいようにしておくべきなんですよね

そういえば、昔聞いた話で(確か、大川総裁のお話だったと思いますが・・・)
この世で生きていた時に地獄に行くような人は
死ぬときに相当苦しんで死を迎える
しかし
与える愛に生きて 人々の役に立つ生き方をした
心のきれいな天国に旅立つ人は
ちゃんと天上界が苦しまないようにしてくれる
という話

身近なことで恐縮ですが
うちの母は昨年、お姑さんは10年ほど前に亡くなったのですが
亡くなるときの様子を見れば
行き先が上なのか下なのか
予想がつきました

母は入院しているときウツラウツラすることが多くなり
妹が話しかけても目を覚まさないとか
意識がはっきりしないような状態になっていたそうです
でも、苦しそうではない
きっと、あの世とこの世を行き来していたのかも?
母は亡くなってから
爽やかな笑顔で
「私の行く道はとても光っていてきれいな道だから
心配しなくていいよ」
「まだまだ、勉強しなくちゃいけないこといっぱいあるんだ~」
「でも、子供たちのことが心配だから一年忌が終わるまでの間、こにいるよ」
と主人に言いに来たそうです

主人の母であるお姑さんは
未だに主人のもとに
「○○をしなさい」
「なんで○○をやらないか」と
頻繁に何かの要求に来るそうです
お姑さんはこの三次元的な執着を捨てきれないで
浮遊霊になっている可能性があります
はやく悟ってほしいと思いますが・・・・

執着をなくすって 生きている人でも簡単にはいきませんよね
ひとつひとつ執着を取り去って
早く宇宙の一員となれるよう心(魂、霊性)を磨かなくちゃね

プレアデスのUFO5








やっと秋らしく?

fc2_2014-09-26_10-46-39-961.jpg


今日の沖縄

快晴
気温28℃(私の部屋で、外はもっと暑いはず)
湿度62%

風が一昨日から ヒンヤリしていて秋らしいです
日向はまだまだ直射日光が強くて 肌を刺すようですが
過ごしやすくなりました
クーラーもここ2~3日は不要です

このまま 猛暑は終わるかな?
9月も終わるというのに 連日30℃超え
沖縄でも異常気象ですわ・・・・・




アメリカ人が増加

◆「神はどう考えているのか?」 教会に政治的な発言を期待するアメリカ人が増加




アメリカの世論調査団体「ピュー・リサーチセンター」の調査で、アメリカ人の49%が、教会や宗教団体に政治問題や社会問題について発言することを求めていることが分かり、反対の48%を上回った。

同センターは、同じ趣旨の調査を定期的に行っており、2006年以降は、教会が政治的な意見を発信することに反対する人が多かった。だが、今回の調査では「状況が変わってきた」といい、同センターの担当者が22日付ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙にコメントを寄せている...


画像




リバティwebより

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8486



アメリカでは日本よりずっと
神の存在を信じる人が多いんですね~
日本では無神論者が常識人で
神だのあの世だの次元だのUFOだのというと
頭がおかしい人扱いですからね

この状態から脱出できない限り
日本にUFOや宇宙人などが現れることは少ないそうです
今のところ信じている人のほうが少ないですからね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。