okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

中国【習近平】と手を組む「翁長雄志」知事



2015/03/28 に公開


「惠隆之介」氏は、普天間基地移設問題で名護市辺野古沖への移設計画をめぐり、沖縄県­の「翁長雄志」知事が、国に対して調査の間全ての作業停止を指示したことについて、後­援団体からかなり追い詰められていると言い、言いがかりであえて国との対立を作り自分­の存在価値をアピールする沖縄県知事の常套手段だと語った。

キャンプシュワブや普天間基地のゲートでは毎日反対デモが行われ、県外や韓国からも参­加していると言う発言に、「朴一」氏の韓国と似ているような…反米感情が…民意が云々­沖縄の負担がというが、在日米軍基地の22%しか沖縄にはないのに、あえて専用施設と­して75%が集中していると県民をマスコミがミスリードしていると、戦後27年間アメ­リカが沖縄を統治したことは確かだが、マイナス面ばかりではなく、医療の充実や統治の­間に投下された16億ドルで沖縄の民生は飛躍的に向上したが、日本の朝鮮半島統治とお­なじでプラスの歴史は全て消されマイナス面だけが誇張されていると語った。

そして、沖縄に4000名もいる中国帰化人の子孫の出自が「習近平」国家主席が長年州­知事を務めた中国福建省の出身ということもあり、「翁長雄志」知事は名誉市民顕彰も授­与されており、中国と沖縄の関係はより深くなったと言い、「翁長雄志」知事は尖閣諸島­問題でも中国を一切批判せず、後援会も中国の拡張主義や脅威に一切批判せず、戦後70­年の今年、中国の抗日戦争70周年と沖縄が歩調を合わせ対日攻勢をかけると言う。





狼魔人さんのブログから抜粋

NHK 05月28日 15時17分

翁長知事 上下院議員と会談



アメリカ軍普天間基地の移設計画への反対を訴えるため、アメリカを訪問している翁長知事は、最初の訪問先・ハワイでアメリカ議会上下両院の議員と相次いで会談しました。
翁長知事が、みずからの権限を使って移設計画を阻止する考えを伝えたのに対し、議員らは、日本政府が話を聞くべきだなどと応じたということです。
翁長知事は、来月4日までの日程でアメリカを訪問していて、日本時間の28日朝、最初の訪問先のハワイで、地元選出で、アメリカ議会上下両院の軍事委員会に所属するメイジー・ヒロノ上院議員とトゥルシー・ガバッド下院議員と相次いで会談しました。
会談は非公開で行われ、この中で翁長知事は、移設計画に反対する県の考えを説明し、「私の権限を使って辺野古に基地はつくらせない。日本の国内問題だというアメリカ政府も、辺野古に移設できなくなれば、関係ないとはならない。
移設を中断して、日米両政府と沖縄県による話し合いの場を作ってほしい」
と伝えたということです。
これに対し、ヒロノ上院議員は、「日本政府がもっと話を聞くべきだ」と述べたほか、ガバッド下院議員は、「理解はできるが、辺野古への移設が止まれば代案が必要だ。次回は新しい提案をしてほしい」などと応じたということです。
会談のあと翁長知事は、記者団に対し、「みんな事実関係として初めて聞くような感じだったので、もっと発信していくことが大切だと感じた」と述べました。


★『都市伝説』

「沖縄タイムスは、特定勢力のコマーシャルペーパー」

信じるか信じないかは、あなた次第です



                 ☆

「翁長外交」は、明らかに政府の専権事項である安保事案に踏み込んだ言動を繰り返すものとみられる。

もちろん米政府は、基地移転での交渉相手はあくまで「日本政府」との立場だが、問題は翁長が米政府関係者の不用意なリップサービスの言葉尻を捉え、それを発狂2紙が狂ったように報道する可能性が高いことだ。

翁長知事は、「日本政府を相手にしていたらどうにもならないので、米国に行く」と訪米の理由を説明した。 

米国側との論理的談判では分がないので、感情的プロパガンダ合戦で安倍政府を揺さぶる意図が明白だ。

沖縄の地政学的重要性を考えれば、沖縄から米軍をなくすことは不可能だ。

国防問題に関し、何の法的権限もない一県知事が、自国政府の頭越しにアメリカに交渉しようとする態度に危機感を感じるのは筆者だけではないはずだ。

だが、沖縄2紙や翁長知事が恫喝するように、普天間近郊で大事故が発生したり、辺野古で年配者の流血騒動で死傷者が出たりしたら、メディア、特に沖縄2紙の攻撃の矛先は一挙に政府・与党に向く危険性がある。

これこそが扇動政治家・翁知事が今回訪米する最大の目的である。

【おまけ】

最近、本土ジャーナリストの某氏から、こんな驚くべき発言を聞いた。

「沖縄関連の報道に限れば、沖縄2紙よりまだ朝日新聞の方が信用できる」

慰安婦捏造報道を自白して以来、保守、リベラルを問わず読者の突き上げが激しいから、とのこと。

そういえばNHKも従来の「辺野古の新基地建設」から「普天間飛行場の辺野古への移設」と正確に報道していたが、一体なにがあったのだろう。

沖縄県議らオスプレイ事故現場を視察 「違いにあぜん」

ホノルル=泗水康信

朝日新聞 2015年5月28日12時35分

オスプレイ基地事故現場違いに唖然



写真・図版オスプレイの事故があった基地を背に取材に応じる沖縄県議=27日、米ハワイ州、泗水康信撮影




 沖縄県の翁長雄志知事に同行して米ハワイ州を訪れている同県議らが27日午前(日本時間28日未明)、米軍のMV22オスプレイが今月17日に着陸に失敗して海兵隊員2人が死亡した事故現場周辺を視察した。県議らは「沖縄で起きていれば、大惨事になっていた」と不安を口にした。

 県議らはオアフ島の高台から基地の位置を確認した後、島内の海兵隊と空軍の基地を視察。事故のあったベローズ空軍基地では、ゲート近くで写真を撮ろうとする県議や報道陣を米兵が制止する場面もあった。

 事故が起きたベローズ空軍基地の近くには民家などがなく、一般市民に被害はなかった。視察に同行した地元の男性(73)は「ここでは基地の周りは茂みになっていて、人は暮らしていない。オスプレイも海から入ってくる」と県議らに説明。基地周辺で事故が起きても被害は限定されるとの見方を示した。

 視察した渡久地修県議(共産)は「沖縄とは全く状況が違う。運用の違いにあぜんとする」と強調。市街地に囲まれた普天間飛行場(宜野湾市)に24機が配備されている沖縄の危険性は高いとの認識を示した。(ホノルル=泗水康信)



>ゲート近くで写真を撮ろうとする県議や報道陣を米兵が制止する場面もあった。

辺野古のキャンプ・シュワブでは禁止区域内に侵入しても、沖縄2紙が擁護してくれたのに。

「写真ぐらいで禁止とは、差別だ!」とは言わなかったのだろうか。



>事故が起きたベローズ空軍基地の近くには民家などがなく、一般市民に被害はなかった。視察に同行した地元の男性(73)は「ここでは基地の周りは茂みになっていて、人は暮らしていない。オスプレイも海から入ってくる」と県議らに説明。基地周辺で事故が起きても被害は限定されるとの見方を示した

>県議らは「沖縄で起きていれば、大惨事になっていた」と不安を口にした。

だから、普天間から民家の少ない辺野古に移設しようと言っているじゃないか。

辺野古のV字型滑走路は航空機が海から入ってくるためのもの、という事実を県議らは知っているのだろうか。



20150530150335056.jpg


いつもご訪問ありがとうございます




翁長知事は二枚舌だと思う方はポチお願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。