okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

もうすぐ宇宙時代が来るんですね

米陸軍の次なるミッションは地球防衛か!?


アメリカの陸軍が、リクルート活動(新兵募集)のためにハリウッドとタイアップし、陸軍広報官を地球防衛戦のプロモーション最前線に送り込んだようだ。陸軍の新聞アーミー・タイムスが伝えている。

6月24日、映画『インディペンデンス・ディ リサージェンス』がアメリカで封切られる。20年前の前作で地球人に撃退された宇宙人が、再び報復にやってくるという映画だ。映画では、地球はこの20年間でテクノロジーを大きく進化させ、地球上の多国籍軍が結束して地球防衛のために戦う。

この映画のプロモーションサイトに、米陸軍の中でも科学・工学・数学などハイテク分野専門のリクルートのサイトがリンクされ、SFファンの若者たちの勧誘に一役買っている。

サイトでは、宇宙人の細菌兵器の研究や暗号解読、宇宙船のリカバリーなど4段階のゲームがあり、クリアすると上等兵から大佐に昇格できる。また、前作以降のタイムラインのページでは、「2003年、エイリアンの兵器を回収し、米陸軍の科学者たちが軍事転用し、飛躍的な進化を果たした」とある。まるで理系のリクルートがこれに本当に関係あるかのようである。

軍関係者によれば、このタイアップは、まさに陸軍の使命、つまり、国家防衛のためのテクノロジーの進化と世界を1つに結束させねばならないことを表しているのだという。

先日、陸軍参謀総長が士官候補生に「リトル・グリーン・メン(ロシアの特殊部隊)に対処せよ」と訓示し、「米陸軍が宇宙人に備え始めた!」と誤解した世界のUFOファンが、"ぬか喜び"をしてしまったところだが、今回のハリウッドと軍の協力に、またもや「やっぱり宇宙人に備え始めているのか!?」となるかもしれない。

『ザ・コンタクト すでに始まっている「宇宙時代」の新常識』(大川隆法・著 幸福の科学出版)には次のような記述がある。

「実際に、いろいろな宇宙人が地球に来ていますが、ハリウッド映画等で描かれているような、『宇宙人による地球侵略』というようなことばかりがおきるわけではありません。・・・彼らは、『この地球独自の文明が、今後どのように発達し、発展していくのだろうか』・・・と思いながら、地球を見守り、交流してもよい時期が来るのをじっと待っているのです。その時期は、ごく近いところにまで迫ってきています。」

ただし、万が一、地球人が核戦争を始めたときには彼らは介入し、仮想敵になる予定もあるという。ある国や都市を攻撃することで地球人同士の戦いを収めるように仕向けるのだ。
どういう形で地球への介入が始まるかは、今後の地球人の努力にかかっており、そういう意味においても、我々は核戦争を抑止しなければならないのだ。(純)

リバティwebより



【関連書籍】
幸福の科学出版 『ザ・コンタクト すでに始まっている「宇宙時代」の新常識』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1531

【関連記事】
2016年5月8日付本欄 米軍が宇宙人への戦闘準備? 宇宙人の地球介入はすでに始まっている
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11302

2012年4月20日付本欄 【海外メディア】米軍関係者がテレビで語った「エイリアン侵略対策」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=4144


UFO
UFO / be creator


10年以上前に教えていただいた話

①第一のシナリオ
核兵器か、それ以上のレベルの兵器で、お互いに殺し合って人類が滅びる。

②第二のシナリオ
大陸の陥没や大災害などが起きて、地球の表面を洗い流すような事態になる。

③第三のシナリオ
高度な文明を持った宇宙人たちが、一時的、暫定的ではあっても、
”刀狩”をする目的で介入してくる事態になること。

④第四のシナリオ
「地球的宗教、地球規模の宗教を説いて、
民族間の争いや憎しみに終止符を打ち、
戦いをやめさせていく」というものがあります。

とありました。
今この時期になってきているのでしょうね。

あと、今、アセンションというのも流行っていますが、
これも以前、
「アセンションとは死ぬことなんですよ~」と
講師の方がおっしゃっていました。


神(高次元の存在、人間や宇宙を創造した偉大な存在)、
あの世(3次元以降の世界)のことも信じて
生かされていることに感謝して
その分を少しでも周りにお返ししていくことが
大切ですね


いつもご訪問ありがとうございます








良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。