okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

金城タツロー氏 本心

fc2_2016-06-13_15-31-07-023.jpg
幸福実現党
金城竜郎氏

6月9日 八重山日報より

--立候補する動機は。
 「まず国防の危機だ。中国が南シナ海で活動を活発化させ、
沖縄近海でも示威的な行動をとっている。
有権者には、県民の生命財産をどう守るかという問題に目覚めてほしい」
 「日本はどういう経済体制になるか分水嶺にきている。
福祉・高負担か、民間活力を生かした小さな政府か。
民間活力をもっと引き出して経済成長できる国のかたちを提言したい」

--参院選の争点は。
 「なっといっても憲法9条改正。自衛隊は国防軍にするべきだ。
議院内閣制も国政が停滞する原因であり、大統領正価首相公選制を
導入したい。マイナンバー制度は廃止するか、災害対策、
社会保障、税に用途を限定する」

--米軍普天間飛行場問題への対応は。
 「この問題は、仲井眞弘多前知事が辺野古の公有水埋め立てを
承認した時点で終わっている。それをメディアや『オール沖縄』が
政治的パフォーマンスで騒いているだけだ」
 「日米が同意したことを遂行しないと信頼を得られないのではないか。
現時点では県内移設しかあり得ない」

--尖閣諸島問題への対応は。
 「日中漁業協定で周辺エリアは中国漁船が違法操業しても
日本の法令を適用しない異常な状態だ。
同協定は破棄し、協定を結び直す」
 「尖閣周辺が中国に実効支配されればミサイル基地などがつくられてしまう。
日米安保条約を適用し、中国が挑発的な行動に出ないようにすべきだ。
憲法を改正して、しっかり国防できる国になったと、中国に連絡を入れる」

--石垣島への自衛隊配備をどう考えるか。
「万一の事態に対する対応の遅れがないように、
与那国、宮古島、石垣島には絶対に配備しなくてはならない」

--翁長雄志県知事「沖縄を平和の緩衝地帯にしたい」と発言しているが、
どう考えるか。

 「永世中立国のスイスは予備役も含め人口の約10%が軍人だ。
翁長県知事はそういう状況を知っているのか。
非武装化しても中国が攻めてこない根拠はない。
県民の命と財産を守る立場の人が言ってはいけない発言だ。」

―経済振興策は。
 「沖縄を消費税ゼロ%特区にし、財源は一括交付金などで対応する。
沖縄のすべての店を免税店にして景気を良くし、
法人税や所得税などの収入が増える事例にしたい」
 「離党間の移動に費用がかかりすぎる。
離島からスカイマークが撤退してしまったが、
LCC(格安航空会社)を導入し、格安で航空機を利用できるようにしたい」
 「中国の観光客は政治的な理由で突然来なくなることがあり、リスクが大きい。
もっと西洋の富裕層などを誘致すべきだ。
道路標識などのインフラ整備を進めたい。
観光客に石垣牛やパイン、マンゴーなどの良さを分かってもらえれば販路拡大にもなる。

--福祉政策は。
 「保育園や介護施設に対する国の補助基準がぜんぜん現場にそぐわない。
保育園は認可と認可外で補助金の差が大きすぎる。
首長が認めた柔軟な基準に基づいて補助金を出せる食見にすべきだ。
クーポンを導入して親がニーズに合った施設を自由に選べるようにする」

--翁長県政に対する評価は。
 「もっと知事の仕事をしていただきたい。
『新基地反対』を米国や国連に訴えに行き、
国とも裁判になっているが、どういう予算なのか、
県民のためになっているのか、
県民の監視の目が必要だ」


いつもご訪問ありがとうございます
私利私欲なく、本当に沖縄県民のことを考えているのは
いったい誰でしょうか?
翁長県知事は那覇市長時代からを含め
たくさんの訴訟を起こされているみたいですね
今までになくとっても腹黒い県知事かもしれません。
沖縄県民全体、日本国民全体をだましているのですから・・・・・・





良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。