okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

SFの世界が現実なる?

量子テレポーテーションが一歩前進
量子の世界の不思議とは?



光速を超える情報伝達は実現するのだろうか。

量子テレポーテーションを使って、数キロメートル離れた場所へ瞬時に情報を転送することに成功したと、カナダと中国の研究チームが同時に発表した。科学誌ネイチャー・フォトニクス電子版が報じた。

これまでも研究室内での成功例はあったが、今回は、環境の影響を受けやすい数キロメートルもの距離での成功だ。この技術が一歩、実用化に近づいたといえるだろう。

実用化されれば、高速で安全な通信を実現できる可能性がある。今回の結果を発表した研究チームは、「通信が格段に速くて安全な新たなインターネットを、地球規模で実現させることにつながる成果だ」とコメントしている(日本経済新聞)。


◎量子テレポーテーションの不思議


量子テレポーテーションは、電子や光子などの超微小な粒子(量子)の性質を利用した情報伝達の方法だ。

その性質とは、量子のペアをつくり、互いに影響を及ぼすような関係を持たせると、片方の状態を変化させた瞬間、もう片方の状態が変化するというもの。ここでいう「瞬間」は、文字通り「0秒」という意味である。

理論的には、量子テレポーテーションに距離は関係ない。つまり、数キロメートルどころか、何光年離れていても、瞬間的に情報が伝わる(さすがに現在の実験ではここまでは確かめられないが)。

これはとても不思議な現象だ。なぜなら、普通、情報を伝えるには、電波や音が、ある地点から別の地点に飛んでいく(伝わっていく)必要があるが、量子テレポーテーションの場合はそうした媒体を必要としない。もし何らかの粒子が量子と量子の間を飛んで行って情報を伝えているなら、その粒子は光速を超えていることになり、現在の理論では説明がつかない。

現在、量子力学において、この現象は理論でも実験でも確かめられている。しかし、なぜ距離を超えて瞬時に情報が伝わるのかは、私たちの日常生活の感覚からは理解不能だ。超微小な量子の世界は、もしかしたら、霊などの目には見えない未知の世界と密接に関係しているのかもしれない。
(大塚紘子)

リバティwebより




【関連記事】
2015年5月15日付本欄 宇宙時代の通信手段? 物理学で注目を集める量子テレポーテーションとは
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9618

2014年11月12日付本欄 量子暗号化でハッキング不可? 第五の戦場の戦いに備えよ
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8717

2013年8月16日付本欄 【そもそも解説】量子テレポーテーションってなに?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6492


━━━━━━━━━━━━━━━━
20161012164447123.jpg
イオンライカムより

いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。