okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

トランプ氏の正体

米大統領選
トランプ氏の勝利は
1月に予言されていた


トランプ氏勝利
米大統領選で勝利したトランプ氏。写真:AP/アフロ

米大統領選の投開票が全米各地で行われ、9日午後(現地時間8日夜)、共和党の不動産王・ドナルド・トランプ氏が、民主党のヒラリー・クリントン元国務長官を破り、第45代大統領になることが決まった。

アメリカ国内では、選挙戦の最後の最後まで、主要メディアが「反トランプ」報道を続け、当初は、「立候補自体が冗談」とまで揶揄された。そのトーンは、日本などの主要メディアも同じだった。

世界中が驚いた選挙結果だが、今年の始めに、「トランプ大統領」の誕生を見通していた人物がいた。

それは、幸福の科学グループの創始者である大川隆法総裁だ。


◎「強い大統領を見つけた」


1月5日、大川総裁は、当時、共和党内で候補者指名争いを続けていたトランプ氏の守護霊を招いた。それをまとめた書籍のまえがきには、こう記されている。

"Here, we've found a strong new U.S. president-to-be through ‘Spiritual Interview with the Guardian Spirit of Donald Trump'. I hope he (Mr. Donald Trump) will be a great new leader of the U.S. And, I, myself, want to believe his honesty, bravery, and friendship."
(「なんとこの本で、私たちは、強い次期大統領候補を見つけたのだ。それがこの『ドナルド・トランプ氏の守護霊へのスピリチュアル・インタビュー』だ。私も、彼(ドナルド・トランプ氏)が偉大なる次期アメリカ合衆国のリーダーの器であることを望んでいる」)(『守護霊インタビュー ドナルド・トランプ アメリカ復活への戦略』所収)

同月30日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターにおける講演会でも、大川総裁はこう語っている。

「彼の性格は非常に変わっているので、『まさか(大統領には)ならないだろう』と思っている方が多いのですが、私は、『可能性としては、けっこうある』と見てはいます」(『現代の正義論』所収)

それは、トランプ氏が、共和党の大統領候補に正式に指名される半年前のことだった。


◎過去世はアメリカ建国の父

その後も、大川総裁は矢継ぎ早にトランプ氏にまつわる霊言を行い、メッセージを発信した。

9月22日に収録した、アメリカ建国の父ジョージ・ワシントンの霊言で、ワシントンの霊は、自身がトランプ氏として現代のアメリカに生まれ変わっていることを認めた上で、自らの"暴言"について、こう説明している。

"George Washington, the first president, was good at fighting, as you know. He was the commander-in-chief of the United States who fought against the United Kingdom. I am good at fighting."
(「初代大統領ジョージ・ワシントンは知っての通り、戦いに強かった。英国と戦った合衆国最高司令官だ。私は戦いが得意なんでね」)

“Nowadays, we don't fight against our rivals with a sword, gun, arrow or something like that. We fight against our competitors using only words, so words are the weapon nowadays. This is the reason I changed my strategy. That's the reason. We, who want to be a statesman like a president or a governor, must fight against our rivals and huge mass media using words, so words are very important these days. That is our new weapon."
(「現代ではライバルとの戦いに、剣や銃や矢なんかは使わない。言葉だけで相手と戦うので、現代では「言葉」が武器だ。だから私は戦略を変えたんだよ。それが理由だ。われわれ、大統領や知事などの政治家になろうとする者は、ライバルや巨大マスコミと言葉で戦わなければならない。だから、今は言葉が非常に重要になっている。これが新しい武器なんだ」)(『アメリカ合衆国建国の父 ジョージ・ワシントンの霊言』所収)

この霊言では、不法移民などに対する"暴言"の真意について語られており、マスコミ報道では分からないトランプ氏の本心を読み解くことができる。


◎リバティでも「トランプ推し」


こうしたものを受けて、本誌でも、トランプ氏の真の姿を伝える記事をたびたび掲載した。

例えば、今年2月末に発刊した4月号の企画「トランプの正体」では、こう伝えている。

「トランプ氏は日米同盟やTPP批判など、一見、日本に対して冷たいように見える。交渉力が高い分、日本の側も頑張らなければ厳しい立場に立たされることもありそうだ。ただ今後、日本が国防を強化し、アジアの大国として役割を果たしていくためには、多少の"外圧"があるほうがいいのかもしれない」


◎「強いアメリカ」復活への大きな一歩

大川総裁は10月3日未明(現地時間2日午後)、アメリカ・ニューヨークのマンハッタンで、英語講演Freedom, Justice, and Happiness(自由、正義、そして幸福)を行った。トランプ陣営のスタッフも参加していた500人を超える聴衆を前に、こう語った。

"I hope America and Japan, these two must be the great leader of the world from this year till at least three hundred years, I think so. […] This is your mission.
This is what I want to say today.
Be great, greater.
With great power comes great responsibility.
You American people have great responsibility for the world.
Please keep on your mind this truth."

(私は、アメリカと日本という二つの国が今年以降、今後少なくとも300年間、世界の偉大なリーダーとなることを願っています。(中略)
それが、あなたがたの使命です。
それが、私が本日、お伝えしたいことです。
偉大であれ、さらに偉大であれ。
偉大な力には、偉大な責任が伴います。
あなたがたアメリカ人には、世界に対する偉大なる責任があるのです。どうか、この真実を心に刻んでください)

その後も、大川総裁は、トランプ氏は正直で信頼できる人物であると言及。軍事的な覇権を拡大する中国の台頭などを含め、政治的な観点から見ても、アメリカ国民はトランプ氏を選ぶべきであり、彼には世界の問題を解決する力がある、新たにアメリカを再建してくれる、と指摘し続けていた。

既存の政治家像からかけ離れているトランプ氏。アメリカのみならず日本や世界の既存の主要メディアも、トランプ氏の勝利を予想することはできなかった。

いま、中国や北朝鮮という、軍事独裁国家の脅威が広がるアジアにとって、「強いアメリカ」の復活は欠かせない。国際社会では、「何が正しいか」が見えにくくなっているが、大川総裁はそれを見通し、示し続けている。新しい時代には、未来を見通す、新しい指針が必要だ。

なお、大川総裁は12月7日夜、千葉・幕張メッセを本会場に、大講演会「真理への道」を行う。その様子は、全国・全世界の幸福の科学の精舎や支部など3500カ所に同時中継される。中継会場には誰でも参加できる。(本会場への参加は完全予約制。ウェブによる予約受付はこちら https://happy-science.jp/info/2016/20971/ )

リバティwebより


【関連書籍】※いずれも幸福の科学出版
『守護霊インタビュー ドナルド・トランプ アメリカ復活への戦略』大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1613

『アメリカ合衆国建国の父 ジョージ・ワシントンの霊言』大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1751

『地球を救う正義とは何か』大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1762

『ヘンリー・キッシンジャー博士 7つの近未来予言』大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1759

【関連記事】
2016年12月号 【アメリカ大統領選】日本の味方はトランプだった! 2017年、世界は戦国時代?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12107

2016年12月号 トランプの過去世 - 新・過去世物語 人は生まれ変わる
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12092

2016年8月号 「トランプ大統領」は怖くない 日本にとって大チャンス! - 2016.11.8 アメリカ大統領選
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11520

2016年4月号 アメリカ大統領選 トランプの正体 この暴言王は日本の友人か? Part 1
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10968


━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。