okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

日本は自動車「重税」大国

消費増税再延期の裏で見送られた
自動車新税の導入
日本は自動車「重税」大国


日本自動車税

消費税10%への増税を来年4月から、2年半後に再延期する法案が18日に可決成立した。これに伴い、増税と同時に導入を予定されていた、自動車の新しい税金「燃費新税」の成立も見送られた。

燃費新税とは、普通車を購入する場合、購入価格の0~3%を課すもので、燃費が良い車ほど税率が低くなる税金だ。主に自動車業界から、「消費税との二重課税」と批判を受けてきた自動車取得税を廃止し、その代わりに導入される予定だった。


◎日本は自動車「重税」国家

一見すると、新税の導入は、二重課税の解消につながるように見えるが、それは事実ではない。実は日本は、自動車関係の税金だけで9種類もあるほどの「重税国家」である。

・自動車取得税(自家用車の取得価格の3%)
・自動車税(総排気量に応じて課税)
・軽自動車税(自家用軽自動車は年10800円)
・自動車重量税(重量に応じて課税)
・揮発油税(ガソリン1リットル当たり48.6円)
・地方揮発油税(ガソリン1リットル当たり5.2円)
・石油ガス税(LPG1キログラム当たり17.5円)
・軽油取引税(軽油1リットル当たり32.1円)
・消費税(車・ガソリンなどの購入時点)


そうした重税感は、大半の自動車ユーザーも感じ取っている。

日本自動車工業会の「2015年度 乗用車市場動向調査」によれば、「負担感が大きい」と回答されたもののうち、自動車税は75%、自動車重量税は74%、燃料代は65%であったという。これは、年収や地域、家族構成などに大きな違いが見られず、多くの人が等しく負担を感じていることも分かっている。

それらに加えて、車検代や保険代も支払う必要があり、消費者には、自動車保有の経済的負担が重くのしかかっている。


◎日本の税負担はアメリカの38倍

実際、自動車税制改革フォーラムの調べによると、180万円の車を3年間利用した場合、約53万円の税金を負担しなければならないと試算されている。自動車本体への課税のみを国際比較しても、日本の税負担は、ドイツの4倍、フランスの13倍、アメリカの38倍にも達するという。つまり、日本の税金は、世界的に見ても異常に高いというのだ。

そんな中、さらに消費税を増税すれば、日本の自動車業界が壊滅的な影響を受けるのは必至だ。若者が「コスパが悪い」と感じて、車離れがさらに加速すれば、かえって自動車関連の税収も、ジリ貧になっていく恐れもある。

日本の景気を回復させるために、自動車関連の税金を引き下げることも考えるべきではないか。(山本慧)


リバティwebより

【関連記事】
2016年12月号 釈量子の志士奮迅 [第51回] - 増税で沈んだなら減税で浮かび上がる
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12083

2016年11月12日付本欄 4年連続の賃上げ要請へ 今度は働き方改革と称して経済界に圧力
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12187

━・━・━・━・━・━・━・━

いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。