okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

オバマ大統領 8年間を予言されていた。

オバマ大統領が退任会見
8年間の失敗は予言されていた!?



バラク・オバマ
Ververidis Vasilis / Shutterstock, Inc.

《本記事のポイント》
・オバマ米大統領が最後の記者会見を行った。
・大川隆法・幸福の科学総裁は折々にオバマ氏の守護霊霊言を収録していた。
・霊言の中でオバマ氏の失敗は予言されていた。


オバマ米大統領は18日、ホワイトハウスで最後の記者会見を行った。8年間続いたオバマ政権がまもなく幕を閉じる。

オバマ大統領は記者会見で、トランプ次期大統領が行おうとしているのは「取引外交だ」と批判。トランプ次期大統領が、ロシアの核軍縮と引き換えに対露制裁を解除すると示唆したことに対し、オバマ大統領は、「制裁はロシアが他国(ウクライナ)の主権を侵害したために発動された。核軍縮と混同すべきではない」とするなど、トランプ政権に対する懸念を示した。

しかし、トランプ政権が誕生したのは、オバマ政権の失敗が原因でもある。

大川隆法・幸福の科学総裁は、大統領就任前から、数回にわたりオバマ大統領の守護霊を呼び出し、その本心を聞いていた。本欄では、その霊言と実際の出来事を照らし合わせながら、オバマ政権が結局、どのような政権だったのか振り返る。


◎予言1「アメリカは世界の警察ではない」

2008年11月、オバマ氏が勝利した大統領選の翌日、その守護霊はアメリカの軍事展開について、次のように述べていた。

「アメリカは、国内に多くの問題を抱えていて、これらの多くの問題を解決しなければなりません。ですから、将来、アメリカは『世界の警察』ではなくなるのです。どの国も自国防衛を考えるべきです。アメリカは、今後、どの国も攻撃しないことを約束します」(『バラク・オバマのスピリチュアル・メッセージ』所収)

これは2013年8月に現実のオバマ大統領の言葉として語られた。シリアのアサド政権が化学兵器サリンを使用していたことが発覚したが、オバマ大統領は「アメリカは世界の警察ではない」と演説し、軍事介入に踏み切らなかった。

まさに2008年の霊言のとおり、オバマ大統領は軍事介入や戦争を拒み、その結果、世界秩序は崩壊に向かってしまった。


◎予言2「アメリカは引き、中国が覇権国家になる」

マヤ暦によると人類の終末が訪れるとされる2011年5月、大川総裁は、この「終末問題」に意見のある霊を呼び出した。現れたのはアステカの王。ところがこの霊は、自分はオバマ大統領の過去世だと主張し、中国の覇権拡大について、次のように述べた。

「私が再選されたらアメリカは引く。(中略)自動的に中国が覇権国家になっていくでしょう」(『2012年人類に終末は来るのか?』所収)

この言葉通り、オバマ大統領は2012年1月、10年間で約34兆円の軍事費を削減する新たな国防戦略を発表した。一方、中国はアジアインフラ投資銀行(AIIB)を設立し、南シナ海で軍事拡張を進めるなど、覇権を拡大。予言が現実化している。


◎予言3「税金は、教育や弱者への医療費に使われるべき」

2012年11月、大統領選で再選したオバマ大統領の守護霊は、オバマケアについてこう述べている。

「十分な教育環境をつくるために、富裕層から税金を徴収しなければなりません。そして、この税金が、教育や、弱者への医療費に使われるべきなのです」(『バラク・オバマのスピリチュアル・メッセージ』所収)

オバマ大統領は、内政の最重要政策として掲げてきた医療保険制度改革(オバマケア)法案を2013年3月に成立させた。「貧しい人を救いたい」という思いを持つことは人間として大切だが、「富裕層から徴収する」と考えていては、国は豊かにならない。


◎「プーチン大統領は大悪魔」発言も


オバマ大統領の守護霊は、ロシアがウクライナのクリミア半島を併合した後の2014年4月、ロシアのプーチン大統領について次のように述べている。

「(プーチン大統領は)大悪魔です! 大魔王、悪魔の中の悪魔です。彼はまさに、世界の平和を、第二次世界大戦後の世界における平和的秩序を破壊しています。犯罪者です。罰を受けねばなりません!」(『オバマ大統領の新・守護霊メッセージ』所収)

実際、オバマ大統領が中心となって、ロシアに対して経済制裁を行っており、それは現在も続いている。その結果、ロシアとの関係は悪化。ロシアは孤立し、中国に接近する事態を招いた。


◎アメリカを衰退させた"呪い"

先述の通り、オバマ大統領の転生の一つは、北米のメキシコ中央部で栄えたアステカの王・モンテスマ2世と見られる。アステカは、白人国家のスペインによって滅ぼされたため、オバマ大統領の潜在意識には白人国家に対する"呪い"があるようだ。

このように政権を振り返ると、オバマ大統領とまったく正反対の考えを持つトランプ氏が次期大統領に就任するのは、ある意味で歴史の必然なのかもしれない。(山本泉)



リバティwebより


【関連書籍】
幸福の科学出版 『2012年人類に終末は来るのか?』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=18

幸福の科学出版 『バラク・オバマのスピリチュアル・メッセージ』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=851

幸福の科学出版 『オバマ大統領の新・守護霊メッセージ』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1147

【関連記事】
2017年1月12日付本欄 トランプが当選後初会見「最大の雇用創出者となる」 政策を貫くのは「愛国心」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12450



━━━━━━━━━━━━━━━━
★友人などに転送できる!
メルマガ「ザ・リバティWeb 今日の新着記事」のご案内。
無料記事の一部とURLをご案内するメルマガが、本メールと同時間に届きます。
メルマガ←クリック

http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php
━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。