okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

トランプ政権のお手本のモデルは?

「サッチャーこそトランプ政権の本当のモデル」
ギングリッチ氏が発言

サッチャー女史がお手本
By White House photo office(Wikimediaより)

《本記事のポイント》
・ギングリッチ氏が「サッチャーこそトランプ政権の本当のモデル」と指摘
・サッチャーもトランプ氏も一般国民の味方だった
・個人や国家が「自己責任」を取れる経済政策が必要


「大幅減税」「インフラ投資」などの経済政策を打ち出すトランプ米大統領は、同様の経済政策を取り「強いアメリカ」を掲げたロナルド・レーガン大統領になぞらえられることも多い。

そんな中、アメリカの元下院議長でかつて大統領選に立候補した経験もあり、トランプ政権移行チームの副委員長も務めた共和党のニュート・ギングリッチ氏がこのほど、ワシントン・ポストに「イギリス元首相のマーガレット・サッチャーこそ、トランプ政権の本当のモデル」と寄稿した。

「レーガン大統領はソ連崩壊の立役者として注目されるが、ポリティカル・コレクトネスやエリート・メディアの圧力を打破したわけではない」と指摘。「トランプは、権力機構と左翼思想にとって致命的な脅威となっている。左翼はそのことを分かっており、ちょうど、サッチャーが出てきた時にイギリスの左翼が反応したように反応している」とした。

ギングリッチ氏は、トランプ氏の就任後、左派の反トランプデモの下品な様子や「ホワイトハウスを潰せ」といった主張が、「多くのアメリカ人を寄せ付けなかった」ことと、1987年のイギリスの総選挙の際に、労働党がサッチャー率いる保守党への敵意をむき出しにするあまり「loony left(狂った左派)」と言われたことの共通点を指摘している。


◎一般国民の本心を代弁した両者

寄稿の中でギングリッチ氏は、「サッチャーは、社会主義が、イギリスの成功の核心にある自己責任の精神や勤勉さ、また企業家精神を破壊していると信じていた」と指摘している。

振り返れば、サッチャーが初めて首相になった1979年当時、イギリスでは労働組合の影響力が大きすぎて産業が弱り、事実上の失業者が増える一方だった。また、多発するストライキにより、労働組合員やその家族、一般市民の生活に支障が出ていた。こうした現実を見据えたサッチャー政権の労働組合改革はイギリス国民の共感を得たのだった。

このたびのアメリカ大統領選でトランプ氏は、首都ワシントンに利益が集中し、国内の雇用が失われていることを指摘。企業の国内回帰による雇用創出を打ち出し、労働者層を中心に支持を集めた。就任演説では、「生活保護を受けている人に仕事を与え、アメリカの労働者の手と力で国を再建する」と訴えている。

両者とも、本質的な国民のニーズは、過剰な保護ではなく、「自分たちの生活に、自分たちで責任を持てるようにする」というところにあると確信していたと言えるだろう。


◎自立した国家だからこそ手を組める


かつてサッチャーは、自国の主権を脅かされるとして欧州統合に反対していたが、イギリスはEU離脱によって自国の主権を取り戻すという道を歩み始めている。トランプ大統領は就任後初の首脳会談をイギリスのテリーザ・メイ首相と行い、米英の二国間貿易協定を進める意向を確認した。自国に責任を持てる国をつくった上で、貿易関係を構築するという発想が伺える。

トランプ氏とサッチャーの共通点から、あらゆる国家における「個人や国家が、自分に対して責任が取れるようになる経済政策」の必要性を考えさせられる。(河本晴恵)


リバティwebより


【関連書籍】
幸福の科学出版 『サッチャーのスピリチュアル・メッセージ』 大川隆法
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=933

幸福の科学出版 『トランプ新大統領で世界はこう動く』 大川隆法
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1767

【関連記事】
2017年3月号 トランプの深謀 Part.3 富嵐歩首相が組閣! もし、トランプが日本の首相だったら?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12504

2017年1月28日付本欄 初の首脳会談は英メイ首相と 次々と公約を実行するトランプ大統領
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12531

━━━━━━━━━━━━━━━━
★友人などに転送できる!
メルマガ「ザ・リバティWeb 今日の新着記事」のご案内。
無料記事の一部とURLをご案内するメルマガが、本メールと同時間に届きます。
メルマガ←クリック

http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php
━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもご訪問ありがとうございます




良かったら応援ポチお願いします
↓   ↓   ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する