okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

沖縄が「中国領」になる日

沖縄が「中国領」になる日

11月県知事選で命運が決まる




沖縄が中国領になる日



沖縄では、9月に統一地方選、11月に県知事選が行われる。だが、水面下では「琉球独立論」がくすぶり、「中国の属国化」への動きも見られる。現地を訪れ、沖縄の未来について考えた。

(編集部 山本慧)



「沖縄が日本から独立すれば、日本経済の3分の1に当たる損害を与えることができる!」

 8月上旬、那覇市内の雑居ビルの一室で行われた、琉球独立を訴える政治団体「かりゆしクラブ(注)」の会合。出席したアジア沖縄経済研究所の宮城弘岩代表は、強い調子で訴えた。

 沖縄独立に関する著作を持つジャーナリストの比嘉康文氏も、「日本、中国、アメリカと、対等な関係を維持する独立の形態があるはず」と語気を強めた。

 また、参加者は、なぜか旧ソ連の国歌で、現在でも中国共産党の党大会で歌われている、世界的に有名な社会主義革命歌「インターナショナル」を合唱。「独立」への思いを一つにした。





琉球独立派に弔電を送る県知事選候補の翁長市長

 この会合は、同クラブの屋良朝助代表の姉・光子氏が、7月に亡くなったことを受けて開かれた「お別れ会」。記者は、「琉球民族独立総合研究学会」(上コラム)の会合だと勘違いしていたため、引き返そうとしたが、主催者に呼び止められ、参加に至った。

 会合は15人足らずの小さなものではあったが、集まった人々は「琉球独立」を真剣に考える、地元では有名な活動家ばかりだった。

 会合の中盤、光子氏に寄せられた、ある一通の弔電が読み上げられた。



「ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈り致します。

那覇市長 翁長雄志」



 居心地の悪さを感じ、早く帰ろうと機会をうかがっていた記者は、その瞬間、座っていたイスからずり落ちそうになった。

 市長である翁長氏が、なぜ琉球独立を唱え、革命歌を熱唱する会合にわざわざ弔電を送るのか。翁長氏は、11月に行われる沖縄県知事選の最有力候補でもあるのだ。

(注)1970年に発足した「琉球独立党」を前身とし、尖閣諸島は日本領ではなく沖縄領などと主張。近年は東京などでも活動を展開している。


リバティweb より

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8305



このままだと、大川総裁が言及しているように
本当に沖縄は中国領になり
「琉球自治区」になるのかもしれませんね
中国では侵略した後の日本の領土に
中国名のついた地図がすでに出来上がっているそうです

未来から来た ジョン・タイターが
〝地球のほとんどが社会主義になる〝
というようなことを残していったそうですね
彼のお話はパラレルワールドなので
実際にそうなるのかわかりませんが・・・・・・

沖縄が中国共産党に支配されるなんて
ぜったいに信じたくない

沖縄県民はマスコミ等に洗脳されているので
翁長雄志氏に投票する人が多いのでは?
もし、当選したら、沖縄の未来は悲惨なものになるでしょうね
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。