okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

1300歳

私の主人はとても霊的な人だという話はしたと思いますが

ここ一週間くらい前から
変なことを言い出しています

1300歳の人から通信を受けているというのです

「ベスビオス火山が噴火して溶岩が人々をのみこんでしまったことがあるけど、
あれと同じことを、人類は何度も何度も経験してきたんだ」とか

「アトランティス大陸やムー大陸が一夜にして海中に沈んだとかいうけど、
そうじゃない、一瞬のできごとだ、一瞬にして海中に没したのだ」


「お前が生きている間に、また、ふたたび、同じことが起こる」


それはいつのことかと訊くと
「それは言えない」
と・・・・・・

「今の人類は、ギブ&テイクだ もしくはテイク&テイクだ
本当はギブ&ギブでなくてはならない
お前たちもそうだろう~よく考えてみろ」
と・・・・・・

それは、一般の人たちに対してだけではなく
幸福の科学の会員たちにも言っているように聞こえた
と言っていました


心のなかは見えません
表面上は穏やかに見えても
自分で己心の魔に打ち勝つことができなければ
そうなってしまうでしょう
会員ならなおさら真剣に 自分の心のコントロールをしていかなくては
ならないはずです
(難しいですが・・・・)

大川総裁がおっしゃるとおり
「人間は愛を与える存在」なのです
奪うことばかり考えていたり 自己満足なことばっかり考えていたり
ひとのことを考えなかったり・・・・・・
ひとに迷惑をかけてないからいいじゃないか
という考えかたをしている人もいますがそれも間違っています

この世に生まれた理由は

与える愛を実践するため

人の気持ちがわかるようになるため

人を許し 育むため

そういう器の大きな魂になるためなのです

人生は一冊の問題集であるといわれています

長い人生 いろんな困難苦難が襲いかかりますが

すべて その人の魂を鍛えるための砥石です

病気をして 初めて病気の人の気持ちがわかるようになるのと同じく

いろんな困難苦難を乗り越えていくうちに

器の大きい 素晴らしい魂になっていくのです

それを 間違った考え方をして
 目には目を 歯には歯をという行動を
してしまう人もいます

それは その人の魂の進化を遅らせていることになるのかもしれません
(人生に無駄なものはなしといわれているので、ある意味、無駄にはなってないかもしれませんが)



これから
地球の大掃除が始まるようです
人類の大掃除

みなさん同じことをいっています
アミ 小さな宇宙人や宇宙からさまざまな通信を受けている人
外国の方もいらっしゃいますが
日本人でもたくさんいらっしゃいます
みなさん口ぐちに アセンション 次元上昇
地球は浄化作用する
地球の次元は上がる
時間がない
などなど・・・・

大川総裁のお話のなかにも

「今説かれている法はあなたがたのためだけに説かれているのではありません」
世界的規模で天変地異などが起こりそのときに
「この地球上のどこかで生き残る人びともいるでしょう
その人たちのためにも この法は説かれているのです」と
はっきりとおっしゃっていました

霊人を招いて 天変地異など人類滅亡のことに関して尋ねると
数年前は「今の人類が生き延びる可能性は5%だ」と言っていたのが
今は「0%」になっていて
天照大神様からは「鉄槌は落とされた」という発言もあり
後がないというよりも
すでに大掃除に入っているということなのではないでしょうか

それで 主人のところに 何の因果かわかりませんが
通信が降りてきているのかな?なーんて^_^; 
勝手な憶測をしています

むかーし 主人がまだ独身だったころ
うつ伏せに寝ていて 上から何かに押しつぶされて
そのときに「まだ地球人は穴ぐらの生活をしているのか」
と言われたといって放心状態になっていたことがあります
今通信を送ってきている1300歳だといっている正体不明のひとは
そのときの人なのでしょうか?
(人か何かわかりませんが・・姿も形も見えない 声だけしか聞こえないんだと言ってました)

霊言で
これから先の未来は地球上を闊歩しているのは
地球人ではない 新人類だと言っている霊人もいました

ということは
今現在生きている 人類の型はこれで終止符が打たれるのでしょうか??
目が三つある人類の時代 5メートルもある巨人の時代
手足が4本ある人類の時代
みんな 今現代には生きておりません 絶えています

田村珠宝さんでしたか
過去世で天変地異が起こり UFOが助けに来たけど
自分はそのUFOに乗せてもらうことができなかった
しかし、今世は乗せてもらえるように努力している
というようなお話があったと思います

アミも人類が危機の時 愛の数値が700度以上ある人は
UFOで救い上げて その人の心の度数にあった星に
移住させているといってました

今回の天変地異は今生きている人たちの地球上での
最後の転生輪廻になるということを言っている人もいました

ということは
死んだあと その人の魂にあった星に行くということ?
家族なのに違う星に生まれるということもありえる
ということですよね?

「アミ 小さな宇宙人」のなかでも
ビアンカとペドゥリートは双子の魂なのに別々の星に生まれて
それぞれの人生を歩んでいることが書かれています

なので、 たとえ家族でも恋人同士であっても
別々の星に生まれることもあるということになりますよね?

それを考えると
なんだか家族がとても愛おしく思えてきて
もしかしたら、これで最後の出会いになるのかも?
と考えたら これからは家族はもちろんのこと
出会う人すべての人に心底真心で接していこう
すべてに感謝して生きよう
自分の欲、エゴはなくしていこうと
強くそう思いました

どこまで できるかわかりませんが
日々努力あるのみ!

荒い波動は出さない
プラス思考で感謝して
今まで受けた恩はできる限り返していこう
そう思いました


でも
諦めてはいませんよ

幸福の科学大学は人類の希望の光です


量子的飛躍

頑張りまする


沖縄の海
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。