okinawaは日本国です 信じる者は救われる(^o^)丿 

とても恐い書が発刊された

阿蘇山噴火
【阿蘇山噴火リーディング】という書籍が緊急発刊されました

とても恐ろしい内容です。
天照大神様の鉄槌は落とされたどころじゃありません。
これから、この日本はどうなるのでしょうか
世界はどうなるのでしょうか・・・・・

地球意識は今の人類を不要と考えているようです。

ちなみに、沖縄県、日本列島のことに対しても
身の毛がよだつような予言?をしていました。
これが実際に起こったら大変なことになります。

どうなるか・・・・・
今度の選挙の結果いかんでは
現実のものとなるらしいです。

それを防ぐ方法も書いてありました。

怖いのひとことです。

まえがき

 本書には、もはや解説は不要だろう。
 予言書でも、人格神による霊言でもない。
「阿蘇山噴火」をキーワードにして、地球意識の感情を
リーディングして翻訳した。
その記録である。




目次

1 毎日新聞コラムの「疑問」に答え、「阿蘇山噴火の霊的真相」に迫る

2 「もう、この国も、国民も許せん」

3 政治家は「ニセ信仰」、民意も「駄目」

4 次は「富士山噴火」が用意されている

5 「〝人類大洗濯計画〝が始まっている」

6 「ポールシフト(地軸の移動)」はすでに起きている?

7 「我々の結論は〝人類不要説〝に近い」

8 「日本は世界一、罰当たりな国だ」

9 これを伝えるのは「地球の運命」の神

10 阿蘇山だけでなく世界中に関係がある「神」の言葉 





あとがき

 何かの教えがあるわけではない。
人類に傲慢と不信仰の罪を宣べているだけである。
これは日本神道系的なものだけではなく、
旧約聖書の時代にもあったものである。
絶望の奥に、あなたはいかなる光を見出すことができるか。



2014年11月30日

 幸福の科学グループ創始者兼総裁    大川隆法




この中に、こういう部分がありました。
「いうことをきかなかったら、沖縄は沈めるから」とか
「富士山も最後だから、よく拝んどけ」とか
多発する火山の噴火については
「諦めよ、これは始まりにしかすぎない」とか
「神罰が来る、あとになるほど、すごくなってくるだろう」
などと、いろいろ書かれていました。(・_・;)

人類は、不信心なので
アトランティス、ムー大陸以上のことが
起こるらしいです。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。